Top > 葉酸サプリ > 葉酸が過剰に体に蓄積されることによる影響とは?

葉酸が過剰に体に蓄積されることによる影響とは?

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。

 

ですがサプリには食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。

 

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。

 

それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。

 

葉酸が多く含まれている野菜についてですが、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜です。

 

妊娠した後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。

 

葉酸はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。

 

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

 

納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。

 

胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが一番良いですね。せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食後30分以内の摂取が理想的です。

 

なぜなら通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の働きが活性化します。

 

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。

 

胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。

 

http://www.cam-to-cam.biz/

葉酸サプリ

関連エントリー
葉酸が過剰に体に蓄積されることによる影響とは?妊娠に欠かせない栄養素を含む食事を心掛ける!